ペドロサが現役引退を発表、MotoGP殿堂入りへ

AFPBB News / 2018年7月13日 9時34分

【AFP=時事】世界ロードレース選手権(WGP)のMotoGPクラスで通算3度の総合2位を記録しているレプソル・ホンダ(RepsolHonda)のダニエル・ペドロサ(DaniPedrosa)が、今季限りで現役を引退すると発表した。 現在32歳のペドロサは、史上最も成功したライダーの一人として2003年に125㏄クラス、2004年と2005年には250ccクラスで選手権を制覇し、18年間のキャリアで表彰台に立った回数は歴代3位に上るほか、全カテゴリーを通じて通算54勝を記録した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング