アラビア語とSNSを駆使、イラク人の心つかんだ日本の大使

AFPBB News / 2018年7月18日 20時30分

【AFP=時事】イラクに駐在する外国大使にとって、現地の人々の心をつかむのは容易なことではない。だが、ユーモアに富んだソーシャルメディアの動画と現地なまりのアラビア語を駆使し、それを成し遂げた大使がいる。間もなく任期を終えようとしている日本の岩井文男(FumioIwai)大使(67)だ。 バグダッドへ赴任してから3年に満たない岩井大使だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング