W杯祝勝中に痴漢被害、ネットで多数報告 仏当局が通報呼び掛け

AFPBB News / 2018年7月19日 6時41分

【AFP=時事】フランスで、サッカーW杯ロシア大会(2018WorldCup)での同国代表優勝を祝っていた最中に性犯罪被害を受けたとの報告がソーシャルメディア上で多数投稿されていることを受け、仏当局は18日、性的暴行被害はすべて警察に通報するよう呼び掛けた。 被害報告は、W杯決勝戦でフランスがクロアチアに勝利して数十万人のサポーターがパリなど各都市の街頭に繰り出した15日夜、ツイッター(Twitter)に投稿され始め、無理やりキスをされたとか、体を触られたといったものが含まれる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング