FB、ホロコースト否定論は削除せず CEO発言に批判集中

AFPBB News / 2018年7月20日 5時7分

【AFP=時事】交流サイト(SNS)最大手フェイスブック(Facebook)のマーク・ザッカーバーグ(MarkZuckerberg)最高経営責任者(CEO)が、ホロコースト(Holocaust、ユダヤ人大量虐殺)を否定する投稿をフェイスブックから排除すべきでないと述べたことを受け、同社が新たな論争に巻き込まれている。 ザッカーバーグ氏の発言は激しい批判を呼び、サイト上でのヘイトスピーチ(憎悪表現)や暴力的コンテンツ、虚偽情報の根絶を目指す同社の取り組みを損なう形となった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング