ヒマラヤ氷河で50年前の遺体発見、軍用機事故の犠牲者か インド

AFPBB News / 2018年7月22日 13時25分

【AFP=時事】ヒマラヤ山脈の氷河で、インド人兵士の凍った遺体が見つかった。遺体を発見した登山隊が21日、明らかにした。遺体の兵士は50年前の1968年2月に起きたインド空軍機墜落事故で死亡した102人のうちの1人とみられる。 登山隊は、この事故で墜落したインド空軍のアントノフ(Antonov)ターボプロップ輸送機An-12の残骸も発見したという。 登山隊を率いたラジブ・ラワト(RajivRawat)氏は「氷から突き出た人間の腕が見え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング