トランプ氏、SNS各社の右派「差別」を批判 検閲を否定

AFPBB News / 2018年8月19日 5時21分

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領は18日のツイッター(Twitter)投稿で、ソーシャルメディア各社は右派の見解を持つ利用者を「完全に差別している」と非難し、検閲は「とても危険なもの」だとの見解を示した。また同大統領は、主流派ニュース局であるCNNとMSNBCを「病んでいる」とする一方、「排除は求めない」と表明した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング