100体超の遺体積んだトレーラー、行く先々で悪臭に苦情 メキシコ

AFPBB News / 2018年9月18日 17時39分

【AFP=時事】メキシコ西部ハリスコ(Jalisco)州グアダラハラ(Guadalajara)で、身元不明の遺体100体以上を積載した冷凍トレーラーが行く先々で異臭がすると住民から苦情を受け、当局が駐車場所の確保に苦慮している。 この大型冷凍トレーラーは、メキシコ第2の都市グアダラハラの遺体安置所が飽和状態なため、市が安置所代わりに借りていたもので、当初は市郊外の貧困地区ドゥラスネラ(Duraznera)の倉庫に2週間ほど駐車していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング