写真

タンザニアの実業家モハメド・デュージ氏。同国ダルエスサラームにて(2015年4月23日撮影)。(c)Khalfan SAID HASSAN / AFP

【AFP=時事】タンザニアの経済中心地ダルエスサラーム(DaresSalaam)で11日、アフリカ出身者で最年少のビリオネア(10億ドル以上の資産を持つ人)として知られる青年実業家が武装集団に拉致された。現地当局が明らかにした。 誘拐されたのはMeTLグループ(MeTLGroup)の経営者モハメド・デュージ(MohammedDewji)氏(43)。デュージ氏はダルエスサラーム市内のホテルに併設されたスポーツジムに入ろうとしたところ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング