写真

研究施設のマウス(2014年1月23日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

【AFP=時事】特定の遺伝子が除去されるよう改変した幹細胞を用いて、同性のマウス2匹から生存能力のある子を誕生させたとする研究結果が11日、発表された。 現在のところ、研究の実用性はほぼ理論の範囲に限定されているが、既存の哺乳類クローン作製法の改良や、ゆくゆくは同性カップルの不妊治療などにも応用されるかもしれない。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング