被害者が責められる社会、韓国「#MeToo」火付け役女性の過酷な闘い

AFPBB News / 2018年10月21日 10時0分

【AFP=時事】韓国のセクハラ告発運動「#MeToo(私も)」の口火を切った徐志賢(ソ・ジヒョン、SeoJi-hyun)さん(45)は、控え目で、ささやくような声で話すが、その行動が韓国女性に与えた影響は大きい。 ソウルの検事だった徐さんは、同僚の父親の葬儀の場で、年上の同僚男性に何度も体をまさぐられた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング