13歳のムエタイ選手、頭を連打され死亡 子どもの試合禁止求める声

AFPBB News / 2018年11月14日 16時4分

【AFP=時事】タイの格闘技ムエタイのチャリティー試合に出場した13歳の選手が死亡し、国内では子どもの試合禁止を求める声が再燃している。 ムエタイはタイで非常に人気のあるスポーツで、富と名声を求めて多くの選手が若いうちからこの競技を始める。しかし10歳未満の子どもがヘッドガード(頭部を保護する防具)を着用せずにムエタイの試合に出場して頭に蹴りや肘突きの技を受けることが多く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング