写真

米グーグルの翻訳アプリによって変換された標識。米サンフランシスコで(2015年1月12日撮影、資料写真)。(c)GLENN CHAPMAN / AFP

【AFP=時事】米グーグル(Google)は6日、同社の翻訳サービス「グーグル翻訳(GoogleTranslate)」でジェンダーバイアス(性差による偏向)解消に向けた取り組みを始めたと発表した。 グーグル翻訳は、ある言語の性の区別のない単語を、別の言語の男性名詞に置き替えることが多いとの批判があった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング