ブラジル「神の霊媒医」の性的虐待疑惑、新たに女性200人超が告訴

AFPBB News / 2018年12月12日 16時46分

【AFP=時事】「神のジョアン(ジョアン・ジ・デウス、JoaodeDeus)」として世界的にも有名なブラジルの自称霊媒医ジョアン・テイシェーラ・ジ・ファリア(JoaoTeixeiradeFaria)氏(76)による性的虐待疑惑で、新たに200人以上の女性が被害を受けたと名乗り出た。報道と当局が受理した告訴状によって11日、明らかになった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング