印で瞑想中の僧侶、ヒョウにかみ殺される 今月5人目の犠牲者

AFPBB News / 2018年12月13日 21時11分

【AFP=時事】インド西部マハラシュトラ(Maharashtra)州の森林保護区で、瞑想(めいそう)中だった僧侶がヒョウに襲われて死亡した。地元警察が13日、明らかにした。同域では今回の犠牲者を含め、今月に入り5人がヒョウに襲われて死亡している。 警察によると、35歳の僧侶が11日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング