解任された前首相が復帰、スリランカの「憲政の危機」が収束

AFPBB News / 2018年12月16日 16時54分

【AFP=時事】(更新)政治混乱が続いたスリランカで、首相職を解任されていたラニル・ウィクラマシンハ(RanilWickremesinghe)氏が16日、首相に復帰した。国会議員の1人が明らかにした。これで51日間にわたる「憲政の危機」が収束することになった。 69歳のウィクラマシンハ氏はこの日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング