アジアのキリスト教徒、3人に1人が迫害受ける

AFPBB News / 2019年1月17日 13時18分

【AFP=時事】アジアではキリスト教徒の3人に1人が頻繁に迫害に直面しているとのNGO報告書が16日、発表された。世界各地で宗教を理由とした脅迫や暴力が「衝撃的に増加」しており、中国とサハラ以南アフリカで特にその傾向が顕著だとしている。 キリスト教徒に対する迫害状況を監視している超宗派のキリスト教伝道団「オープン・ドアーズ(OpenDoors)」によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング