コーヒー種の60%が絶滅の危機、行動すべきは「今」

AFPBB News / 2019年1月17日 12時50分

【AFP=時事】野生種のコーヒーの5分の3に絶滅の危険性があると警告する最新の研究論文が16日、発表された。世界で愛飲されているコーヒーの未来が、気候変動、病気、森林伐採の破壊的な組み合わせによって脅かされているという。 毎日20億杯以上が飲まれている巨大なコーヒー業界は、商業的に栽培される品種を維持し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング