ボルト氏がサッカー転向の夢を断念 「スポーツ人生は終わり」

AFPBB News / 2019年1月23日 9時1分

【AFP=時事】元陸上男子短距離のウサイン・ボルト(UsainBolt)氏が、以前から挑戦していたサッカー選手になる夢を諦めたことを明かした。22日にジャマイカの国内メディアが報じた。 五輪で8個の金メダルを獲得しているボルト氏は、2018年に豪Aリーグのセントラルコースト・マリナーズ(CentralCoastMarinersFC)でトライアルを受けたが契約には至らず。その後もサッカー転向の希望を捨てないと話していたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング