メコン川で発見の遺体、反王制活動家と判明 腹にコンクリート

AFPBB News / 2019年1月23日 13時9分

【AFP=時事】タイ北東部のメコン川で先月見つかった男性2人の切断遺体の身元が、ラオスに逃れていたタイの反王政活動家と判明した。警察と親族が22日確認した。 タイでは2014年のクーデターで王党派の軍事政権が樹立された後、今回の被害者らを含む反王政活動家数十人がラオスに逃亡した。 遺体で見つかったのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング