フランス、ブラジルのNATO加盟に否定的見解 トランプ氏の発言受け

AFPBB News / 2019年3月21日 11時26分

【AFP=時事】フランス外務省は20日、ドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領がブラジルの北大西洋条約機構(NATO)加盟を示唆したことについて声明を発表し、NATOへの加盟には「地理的な適用範囲」が定められているとして否定的な見解を示した。 トランプ氏は19日、ブラジルのジャイル・ボウソナロ(JairBolsonaro)大統領と首都ワシントンで会談した際、ブラジルを(米国の)「非NATO主要同盟国(MNNA)」に指定するつもりだと述べた上で、ブラジルがNATO加盟国になる可能性についても考えられるかもしれないと発言し、周囲を動揺させた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング