ボーイング737MAX、失速防止システム誤作動警告灯を標準装備へ 関係筋

AFPBB News / 2019年3月22日 9時59分

【AFP=時事】5か月足らずの間に2件の墜落事故が起きたボーイング(Boeing)737MAX型機に、失速防止システムが誤作動を起こした場合の警告灯が標準装備されることが分かった。業界関係筋がAFPに明らかにした。昨年10月にインドネシアで起きた同機の墜落事故では、失速防止システムが誤作動した恐れがあるとみられている。 匿名を条件に取材に応じた関係筋によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング