ロシア疑惑でこれ以上の起訴提言せず モラー特別検察官が報告書提出

AFPBB News / 2019年3月23日 11時27分

【AFP=時事】米国のロバート・モラー(RobertMueller)特別検察官は22日、米大統領選へのロシアの介入疑惑に関する捜査を終え、報告書を提出した。司法省が確認した情報によると、モラー検察官は本件に関し、これ以上の起訴を提言していないという。 2016年の米大統領選でドナルド・トランプ(DonaldTrump)氏や親族、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング