「英労働党の反ユダヤ主義への寛容、国家の恥」、米国務長官が異例の批判

AFPBB News / 2019年3月26日 16時42分

【AFP=時事】米国のマイク・ポンペオ(MikePompeo)国務長官は25日、英国の最大野党である労働党に反ユダヤ主義に寛容な面があると指摘し、「国家の恥」と異例の強い言葉で批判した。 ポンペオ氏は親イスラエル系ロビー団体「アメリカ・イスラエル公共問題委員会(AIPAC)」の会合で演説し、欧州、中東、米国で拡大する反ユダヤ主義を非難。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング