米学校銃乱射、今度は犠牲者の父親が自殺

AFPBB News / 2019年3月27日 6時34分

【AFP=時事】米フロリダ州パークランド(Parkland)で先週、昨年に銃乱射事件が起きた高校の生徒2人が相次いで自殺したのに続き、今度は2012年にコネチカット州で起きた小学校銃乱射事件の犠牲者の父親が自殺したとみられることが、当局の発表により明らかになった。 死亡したジェレミー・リッチマン(JeremyRichman)さん(49)は、コネチカット州ニュータウン(Newtown)のサンディフック小学校(SandyHookElementarySchool)で起きた銃乱射事件で、娘のアビエル(Avielle)ちゃん(当時6)を亡くした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング