写真

パリで、炎上するノートルダム大聖堂を見る男性(2019年4月15日撮影)。(c)Geoffroy VAN DER HASSELT / AFP

【AFP=時事】パリの観光名所ノートルダム寺院(NotreDameCathedral)で15日夕、大規模な火災が発生したことを受け、同市中心部では恐怖におののく市民や観光客が涙を流したり、祈りの言葉を口にしたりしながら火災の様子を見守った。 午後7時50分(日本時間午前2時50分)ごろ、寺院の尖塔上部が、屋根全体に広がった炎の中に崩れ落ちると、群集からは悲鳴が上がった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング