ノートルダム大聖堂のミツバチ、大火災を生き延びる

AFPBB News / 2019年4月19日 16時2分

【AFP=時事】フランス・パリのノートルダム大聖堂(NotreDameCathedral)で飼育されていたミツバチ約20万匹が、大火災の被害を免れていたことが18日、明らかになった。建物を包み込むほどの火災をハチが生き延びたのは奇跡だと養蜂家は話している。 ミツバチの巣箱は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング