投票する政党を間違えた男性、怒りと失望で自分の指切断 インド総選挙

AFPBB News / 2019年4月20日 13時24分

【AFP=時事】インドで11日から行われている総選挙で、インド人の男性が誤って支持政党とは違う政党に投票してしまったことに落胆し、自分の人さし指を切り落としてしまう事件があった。 パワン・クマール(PawanKumar)さん(25)は18日、北部ウッタルプラデシュ(UttarPradesh)州で投票した際、電子投票機に表示された政党のシンボルマークに戸惑い、大衆社会党(BSP)ではなく、ナレンドラ・モディ(NarendraModi)首相率いるインド人民党(BJP)に投票してしまった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング