ISの残党が攻撃、シリア軍兵士ら27人死亡 監視団発表

AFPBB News / 2019年4月20日 19時32分

【AFP=時事】(更新)シリア中部ホムス(Homs)県の東に位置する砂漠地帯で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の戦闘員らによる攻撃があり、過去2日間で同国軍兵士や政府派戦闘員27人が死亡した。英国に拠点を置くNGO「シリア人権監視団(SyrianObservatoryforHumanRights)」が20日、発表した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング