ツイッター、選挙干渉対策で通報機能搭載へ

AFPBB News / 2019年4月25日 14時44分

【AFP=時事】米ツイッター(Twitter)は24日、選挙の際に投票への干渉を意図して世論操作を狙う投稿について、より簡単に通報できる機能を導入すると発表した。欧州とインドを皮切りに、年内には全世界で対応する。 ツイッターは公式ブログで、「有権者登録や選挙参加のプロセスをひそかに害する試みは全て、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング