中絶に断固反対のトランプ氏、レイプと近親相姦など「3つは例外」

AFPBB News / 2019年5月19日 17時3分

【AFP=時事】米南部アラバマ(Alabama)州など多くの州で妊娠中絶を規制する法成立が相次いでいることを受け、ドナルド・トランプ(DonaldTrump)大統領は18日、自身は「妊娠中絶に断固反対だ」と言明した上で、レイプや近親相姦で妊娠した場合は例外との見解を示した。次期大統領選を来年に控え、大きな争点となる中絶問題に関する自身の立場を明確にする狙いだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング