駐中国の米大使、4年ぶりにチベット訪問

AFPBB News / 2019年5月20日 19時14分

【AFP=時事】駐中国米大使のテリー・ブランスタッド(TerryBranstad)氏が、米大使として4年ぶりにチベットを訪問していることが分かった。米大使館が20日、明らかにした。 今回の訪問の2か月前、米国務省は中国政府が「組織的に」米外交官やジャーナリスト、観光客のチベットへの立ち入りを制限していると指摘していた。 大使館の広報担当者は電子メールでAFPに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング