トランプ氏、国勢調査めぐる議会調査を大統領特権で阻止

AFPBB News / 2019年6月13日 14時22分

【AFP=時事】2020年の米国勢調査の質問項目をドナルド・トランプ(DonaldTrump)政権が変更し、米市民権の有無を尋ねる質問を追加することとなった経緯をめぐり、トランプ大統領は12日、米下院の監視・政府改革委員会への情報提供を阻止するため大統領特権を行使した。これに対し、民主党主導の同委員会は同日、ウィリアム・バー(WilliamBarr)米司法長官とウィルバー・ロス(WilburRoss)米商務長官を「議会侮辱罪」に問う決議案を可決した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング