タンカー攻撃、米が新たな写真公開 イラン関与の証拠と主張

AFPBB News / 2019年6月18日 7時15分

【AFP=時事】(更新)中東のオマーン湾(GulfofOman)で先週、タンカー2隻が攻撃を受けた問題で、米軍は17日、イランの関与を示すとする新たな写真を公開した。 米国防総省はうち1枚の写真について、攻撃を受けた日本企業運航のタンカー「コクカ・カレイジャス(KokukaCourageous)」の船体に取り付けられた「不発吸着機雷の磁力吸着装置の残存物」を写したものだと説明。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング