ボコ・ハラムの攻撃か、チャド兵11人死亡 チャド湖周辺

AFPBB News / 2019年6月24日 13時1分

【AFP=時事】チャド、ニジェール、ナイジェリア、カメルーンが国境を接するチャド湖(LakeChad)周辺地域で、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム(BokoHaram)」によるとみられる攻撃があり、少なくとも11人のチャド兵が死亡した。当局が23日、明らかにした。 地元当局はAFPに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング