約4000円のパソコンでNASAにハッキング、火星探査の機密盗む 米

AFPBB News / 2019年6月25日 13時23分

【AFP=時事】米航空宇宙局(NASA)は、あるハッカーが4000円以下の小型コンピューターを使ってNASAジェット推進研究所(JetPropulsionLaboratory)のネットワークに侵入し、機密データを盗み出す事件があったことを明らかにした。これによりNASAは、複数の宇宙飛行システムを一時的にネットワークから切断することを余儀なくされたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング