移民親子の水死体写真に怒り 民主党、トランプ氏批判強める

AFPBB News / 2019年6月27日 5時12分

【AFP=時事】米国とメキシコの国境を流れるリオグランデ(RioGrande)川で、米国入りを試み水死したエルサルバドル人男性とそのほぼ2歳になる娘の遺体を写した痛ましい写真が公開されたことを受けて、米国の野党・民主党は憤りを表明し、ドナルド・トランプ(DonaldTrump)政権の移民政策に対する批判を強めている。 民主党から2020年大統領選への出馬を表明しているベト・オルーク(BetoO'Rourke)元下院議員は、「トランプはこの死に責任がある」と主張。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング