トランプ氏「嫌なら出ていけ」発言に非白人系女性議員ら反論、与党からも批判

AFPBB News / 2019年7月16日 12時41分

【AFP=時事】米国のドナルド・トランプ(DonaldTrump)大統領が、野党・民主党の非白人系の女性議員らを念頭に「米国が嫌ならば、出ていけばいい」と述べたことは極めて人種差別的だとして、民主党のみならず与党・共和党の一部からも批判を浴びている。 トランプ氏は14日にまずツイッター(Twitter)への連続投稿で民主党議員らを攻撃し、米国が嫌なら出身地に戻ればいい、と述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング