がれきにネット…火災から3か月のノートルダム、修復作業は前途多難

AFPBB News / 2019年7月18日 12時0分

【AFP=時事】仏パリのノートルダム大聖堂(NotreDameCathedral)が火災に見舞われてから3か月。焼け焦げた築850年の世界遺産(WorldHeritage)の内部が17日、報道陣に公開された。 聖堂内は薄気味悪いほどがらんとしており、身廊にはまだがれきが散乱していた。白い防護服とヘルメット、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング