次期英首相最有力のジョンソン氏、薫製ニシンでEU批判もあっさり返り討ち

AFPBB News / 2019年7月19日 17時39分

【AFP=時事】次期英首相の最有力候補、ボリス・ジョンソン(BorisJohnson)前外相が、ニシンの薫製を持ち出して欧州連合(EU)の「お役所仕事」によって英国の生産者が痛めつけられていると批判したところ、EUから「フェイクニュース」だと逆に非難される羽目となった。 保守党党首選で首位に立つジョンソン氏は17日、ロンドンで開いた選挙集会で演説した際、英国のEU離脱(ブレグジット、Brexit)をできるだけ早く実現しなければならないとの主張を強調するため、英国名物の薫製ニシン「キッパー」を取り出して高く掲げた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング