山口茜が初優勝、フクヒロは日本勢対決制し連覇 インドネシアOP

AFPBB News / 2019年7月22日 8時42分

【AFP=時事】バドミントンのインドネシア・オープン(BLIBLIIndonesiaOpen2019)は21日、各種目決勝が行われ、女子シングルスでは大会第4シードの山口茜(AkaneYamaguchi)が第5シードのプサルラ・シンドゥ(PusarlaVSindhu、インド)を21-15、21-16で下し、優勝を果たした。 準決勝で世界ランキング1位の戴資穎(TzuYingTai、タイ・ツーイン、台湾)を破って決勝へ駒を進めていた山口にとっては、スーパー1000(Super1000)に位置づけられる今大会での初タイトルとなった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング