「世界三大テノール」ドミンゴ氏にセクハラ疑惑 2公演中止に

AFPBB News / 2019年8月14日 16時11分

【AFP=時事】「世界三大テノール」の一人に数えられる伝説的オペラ歌手プラシド・ドミンゴ(PlacidoDomingo)氏(78)のセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ)疑惑が13日に発覚し、同氏が2003年から監督を務める米ロサンゼルス歌劇場(LAOpera)が疑惑の調査に乗り出し、2公演が中止される事態となっている。 身元が明らかになっている1人を含む複数の女性は、ドミンゴ氏がトップクラスの知名度を誇るオペラ歌手という立場を利用して性的関係を迫ってきたと告発。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング