フィジー首相、豪首相を「無礼」と非難 中国人の方が善良とも

AFPBB News / 2019年8月18日 23時29分

【AFP=時事】フィジーのボレンゲ・バイニマラマ(VoreqeBainimarama)首相は16日、南太平洋地域の独立国・自治政府が加盟する「太平洋諸島フォーラム(PIF)」の首脳会議の閉幕を受けて、オーストラリアのスコット・モリソン(ScottMorrison)首相を「とても無礼」と非難し、より友好的な外交を持ちかけているとして中国を持ち上げた。 ツバルで開催されたPIF首脳会議は、気候変動で存亡の危機にひんする島しょ国側と、石炭業界に好意的な豪政府が反目。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング