トルコ軍がシリアに越境、政権側の空爆で足止め

AFPBB News / 2019年8月20日 8時10分

【AFP=時事】シリア情勢をめぐり同国とトルコの緊張が高まる中、トルコ軍の車列が19日、国境を超えてシリア北西部イドリブ(Idlib)県に入り、シリア政権側部隊による爆撃で足止めを受けた。 シリア反体制派を支援するトルコは、自国部隊が空爆の標的にされたと主張。一方、シリア政府は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング