アマゾンやMSが「殺人AI開発で世界を危険に」 調査報告

AFPBB News / 2019年8月22日 13時41分

【AFP=時事】米インターネット通販大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)や米IT大手マイクロソフト(Microsoft)、米半導体大手インテル(Intel)といった世界有数のハイテク企業が、「殺人ロボット」の開発に関与して世界を危険にさらしているとする調査報告書が今週、発表された。 調査はオランダのNGO「パクス(Pax)」がハイテク産業の主要企業を対象に、自律型致死兵器に対する企業姿勢を問うたもの。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング