野生のフロリダパンサーやボブキャットに謎の神経障害、歩行困難に 米

AFPBB News / 2019年8月22日 15時21分

【AFP=時事】米フロリダ州に生息するネコ科動物のフロリダパンサーやボブキャット(アカオオヤマネコ)の間に、原因不明の神経障害によるとみられる歩行困難の症状が相次ぎ、野生保護当局が調査に乗り出している。 これまでにフロリダパンサー1頭とボブキャット1頭に神経障害が確認されたほか、州内の生息地に設置された自動撮影カメラの映像から、程度に差はあるものの複数の個体に症状が出ていることが分かっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング