ロシア大統領、米のミサイル実験受け「相応の対応」を指示

AFPBB News / 2019年8月23日 22時10分

【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(VladimirPutin)大統領は23日、米国が中距離核戦力(INF)廃棄条約破棄後に、以前禁止対象だったミサイルの発射実験を実施したことを受け、「相応の対応」の準備に着手するよう軍に指示したと発表した。 プーチン大統領は「米国の行為によって生み出されたわが国への脅威レベルの分析」と、「相応の対応を準備するための包括的な措置」を講じるよう指示したことを明らかにした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング