写真家ロバート・フランク氏、94歳で死去 白黒写真で米国社会捉える

AFPBB News / 2019年9月11日 21時42分

【AFP=時事】フォトドキュメンタリーの草分け的存在として知られるロバート・フランク(RobertFrank)氏が、94歳で死去した。米ニューヨーク・マンハッタン(Manhattan)にあるペース・マクギル(Pace/MacGill)ギャラリーが明らかにした。その生々しく、鋭い視点により、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング