写真

犬を散歩させる男性(2019年2月19日撮影、資料写真)。(c) Thomas Warnack / dpa / AFP

【AFP=時事】ノルウェーで、ここ数週間に約200匹の犬が原因不明の嘔吐や血便を伴う下痢、極度の疲労などの症状を発症し、9日までに約25匹が死んだことが分かった。国の獣医師機関が発表した。保健当局は犬同士の接触を避けるよう警告しており、飼い主の間に不安が広がっている。 ノルウェーには国レベルでの犬の登録制度はなく、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング