コンゴ前保健相、エボラ対策資金の横領で逮捕

AFPBB News / 2019年9月16日 11時57分

【AFP=時事】コンゴ民主共和国のオリ・イルンガ(OlyIlunga)前保健相(59)が、エボラ出血熱の対策に充てられるはずだった政府資金を横領したとして逮捕されていたことがわかった。警察が14日、明らかにした。 イルンガ氏は、同国のエボラ対応チームの代表から解任された後、7月に保健相を辞任。警察によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング