ピカソ作「ゲルニカ」の説明に誤り 国連サイト 報道官が謝罪

AFPBB News / 2019年9月18日 2時43分

【AFP=時事】国連(UN)の関連ウェブサイトに掲載されていたパブロ・ピカソ(PabloPicasso)作「ゲルニカ(Guernica)」の説明文に、1937年のゲルニカ空爆はスペイン共和国軍によるものだったとの誤った記述があることがわかり、報道官が16日、謝罪した。 スペイン北部の町ゲルニカへの空爆は、実際には反乱軍のフランシスコ・フランコ(FranciscoFranco)将軍を支援するナチス・ドイツ(Nazi)とイタリアのファシスト政権が実施したものだった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング